• HOME > 
  • リンクフローリストWeb Letter
フローリィネットスタッフブログ

重陽の節句とお月見

花のマメ知識

早いもので、8月ももうあと少しで終わりですね。

夏の終わりは、何となく寂しい気持ちになりますが、秋を想像すれば 食欲の秋、スポーツの秋、

読書の秋というように、何をするにも気持ちのいい季節です。

皆さんはどんな瞬間に、「秋になったなぁ」と感じますか?

空気だったり、空の高さだったり、ファッションだったり、それぞれだと思いますが

お花など、植物もやはり、季節を感じさせてくれるものの一つです。

そこで今回は、植物に関連する9月の行事をご紹介したいと思います。


【重陽の節句】
9月9日。
端午の節句や七夕の節句と同じ、五節句の一つです。
節句は、季節の植物から生命力をもらい邪気を払うのが本来の目的ですが
重陽の節句では、「不老長寿を願い菊から生命力を養う日」とされています。
中国に起源を持ち、日本に渡ってからは
9月8日の夜に菊に綿をかぶせ、9日に露で湿ったその綿で体を拭いて長寿を祈るんだそうです。
また、菊に関する歌合せや菊を鑑賞したりする催しが行われていたそうです。
現在では寺院などで行事を行う程度で、一般にはあまり馴染みのない節句ですが
今年は是非、9月9日に菊を愛でて菊から生命力を養ってみてはいかがでしょう。



【お月見】

お月見は旧暦の8月15日に月を鑑賞する行事で、一般的には 「中秋の名月」「十五夜」と

呼ばれていますね。

お月見の風習もやはり中国に起源をもち、日本では平安時代に宮中で催された

観月の歌会が始まりだそうです。

しかし、ただ満月を楽しむだけでなく、農民の間では収穫時期を目前に 作業が夜遅くまで続く時、

明るく照らしてくれる満月に感謝をし、豊作を祈願する日でもありました。


お供え物は、月に見立てた白いお団子と、里いも、そして秋の七草の中から

何かお花を選んで飾ります。

秋のお七草には 萩、薄(すすき)、撫子(なでしこ)、葛、女郎花(おみなえし)、藤袴、桔梗がありますが

中でも、ススキは切り口が鋭い事から魔除けの力があるとされたため供えられる事が多く、

また、お月見で供えたススキを家の軒先につるしておくと、一年間病気をしないという

言い伝えもあるそうです。


お月見いうとススキを連想しますが、そんな意味があったのですね。


ちなみに、里いもを供えるのは、この時期に収穫された旬のものであるため

無事に収穫を終えた里いもを供えて感謝するという意味があるそうです。

この事から、お月見の事を「芋名月」と呼ぶこともあります。


近年では、お団子を供えるだけとうい家庭が多いのが現状のようですが

満月を愛でるなんていう素敵な風習、慌ただしい毎日だからこそ大事にしたい気がしますね。


今年のお月見の日は、9月19日です。

ススキとお団子と里芋で、今年は昔ながらのお月見を是非、楽しんで下さい。


Share |

お盆のお花

花のマメ知識

ご先祖様の霊をお迎えし、供養するお盆。

お盆には精霊棚にお供え物をしてご先祖様の供養をおこない、一家の安泰と、
その年の豊かな実りを祈願します。

そんなお盆には、お花を飾ったり、贈ったりする機会が多いですね。


お盆にお供えするお花には、何か時別な決まりがあるの?等の疑問をお持ちの方も
いらっしゃるのではないでしょうか。


そこで今回は、お盆と、そのお花について簡単にお話させて頂きます。



【お盆はいつ?】
お盆の日取りは地方によって差があります。

新暦でも旧暦でも暦どおりの日付なら7月15日がお盆ですが
現在は東京等の一部の地域を除き、全国的には8月15日の月遅れ盆を
お盆というのが一般的ですね。


お盆の中心となるのは15日ですが、13日の迎え盆から16日の
送り盆までの4日間がいわゆるお盆です。


お花を贈る場合は、この迎え盆までに届くようにしましよう。
また、一部の地方によっては、農作物の収穫期に合わせて8月下旬にお盆行事を行うところもありますので注意が必要です。


【新盆(初盆)とは】
新盆とは、四十九日の忌み明けから数えて初めて迎えるお盆の事です。
新盆供養は、花や果物、菓子などをお供えし、とくに丁寧に盛大に営まれ、
お墓参りも欠かせません。


【どんなお花がいいの?】
お供えするお花は、枕花程度のもので、色や形、種類に特別な決まりは、ありませんが
トゲもの(バラやアザミ等)を避け
亡くなられてから年数が浅いほど全体白色が多いものを飾るのが一般的です。
白に合わせる色は、淡いブルーや紫、淡いピンク等が多いですが
厳密な取り決めはないので比較的自由に選択でき、故人の好きだった色や、
お花を供える事も多いようです。


お盆のお花について、少しお話させて頂きましたがいかがでしたでしょうか。
今回お届けの、ピックアップコーナーにて、お盆のお供え用のお花をご紹介しておりますので
合わせてご覧ください。










Share |

プリザーブドフラワー

花のマメ知識

お花の持ちがどうしても悪くなる、これからの季節。   
特殊加工された、プリザーブドフラワーのアレンジメントは、そんな季節のギフトに   
おすすめのアイテムです。


今では、すっかり一般的にも広く知られるようになったプリザーブドフラワーですが   
そもそも、プリザーブドフラワーって何??といった素朴な疑問をお持ちの方も   
いらっしゃるのではないかと思います。


そこで、今回は、プリザーブドフラワーについてのあれこれを少しだけご紹介させて頂きたいと   
思います。


【プリザーブドフラワーって??】


「プリザーブド」とは“保存”という意味の英語。   
プリザーブドフラワーとは、生花を美しい姿のままずっと長い間楽しめるように、特殊な加工を施した   
特別なお花のことです。   
その特殊な加工とは、簡単に言うと、生花の中の水分を、プリザーブド液にすり替えてしまう加工です。


生花の組織を保ちながら生花の水分を抜く事で、バクテリアの発生を抑え   
抜いた水分に代わるプリザーブド液を吸わせる事によって、花の瑞々しさと柔らかさを保ち   
生花のような、しなやかさを長い間楽しむ事が出来るのです。


生花の組織を保ちながら、水分を入れ替えるなんて、凄い技術ですね。


こうして出来上がったプリザーブドフラワーは、水を与える必要がない上、生花より軽く   
また、プリザーブド液と一緒に、色を吸わせる事で   
 様々な色のバリエーションが楽しむことが出来ます。   
生花にない色が楽しめるのも、プリザーブドフラワーの持つ魅力の一つですね。


例えば、こんなブルーのバラや、オレンジのあじさいが楽しめたりします。


puri_rose.blue250










puri_rose.blue1.250











puri_ajisai.or250











【歴史】

さて、そんなプリザーブドフラワーの歴史はまだ浅く、プリザーブド技術の研究が始まったのは   
1980年代頃。   
その技術の世界特許がヴェルモント社によって取得されたのが、1991年です。   
その後、1996年頃から、他社でもエクアドルやコロンビアでの生産が始まり   
現在では、各社で生産体制が整えられ、高品質な商品が安定して供給されるようになりました。


プリザーブドフラワーの販売が始まった頃は、バラは主体でしたが、今ではバラ以外にも   
様々なお花が、様々なカラーバリエーションで販売されています。



puri_mamu.pink250

こちらは、キクの一種です。
生花の印象とはまた違った
とても可愛らしい印象ですね。







puri_gadenia250

こちらは、カーデニア(くちなし)です。
生花ですと、水持ちが心配なお花ですが
プリザーブヂフラワーでしたら
長く楽しめます。







piri_denfare

こちらは、ランの一種、デンファレです。










その他にも、カーネーションやガーベラ等、沢山の種類のお花が生産、販売されてきていますので   
今後が楽しみですね。


魅力いっぱいのプリザーブドフラワー、以下の点に注意して頂くと   
その魅力を、一層長く楽しんで頂けます。


【長くお楽しみいただくために、、、】


●水がかかる場所や湿度の高い場所に置くことは、色漏れや染みの原因となりますのでお避け下さい。   
また、極端に乾燥した場所は 花が壊れやすくなる原因となります。   
湿度30〜80%程度の場所が保管に適しています。   
   
●直射日光は色あせの原因となりますので、日のあたらないところに保管してください。



【注意点】


●衣服等に直接触れると色移りする場合があります。   
●プリザーブド液は親油性のため、油性塗料や樹脂と直接触れると溶ける恐れがあります。


以上、プリザーブドフラワーについて少しだけ、ご紹介させて頂きましたがいかがでしたでしょうか。   
ずっと咲き続けてくれるところも魅力のプリザーブドフラワー、ご結婚や、新築のお祝いなどにも   
おすすめです。



















Share |

父の日 定番のお花って?

花のマメ知識

【父の日の定番のお花って?】


6月の第3日曜日は父の日ですね。

母の日にプレゼントするお花はカーネーションですが、

では父の日には 皆さん、何のお花をプレゼントしますか?


そもそも、母の日のカーネーションのように決まった定番のお花って あるのかな??と

悩まれた経験がある方も いらっしゃるのではないでしょうか。


そこで、父の日の由来とともに、父の日のお花についてご紹介させて 頂きたいと思います。


【父の日の由来】

アメリカのワシントン州に住むジョン・ブルース・ドット夫人の 提唱によるもの。


彼女ら、6人の兄弟を母親が亡くなった後、男手一つで育ててくれた

父親を讃えて、教会の牧師にお願をし、父の誕生日である6月に

礼拝をしてもらった事が始まりだそうです。


「母の日」の存在を知った彼女は、父に感謝する日も 必要であると、

1910年に「父の日」を制定することを提唱しました。

これが各地へ広まり、アメリカで正式に祝日となったのは1972年の事。


日本では、1950年頃から広まり始め、一般的な行事となったのは1980年代。

1981年に(社)日本メンズファッション協会を中心とした

「日本ファーザーズデイ委員会」が発足し、広められました。



【父の日の花】


SONY DSCドット夫人が父の日に、父親の墓前に

父親が好きだった白バラを供えたことから、

白バラが父の日の花とされているという

説があります。


白バラの花言葉は「尊敬」
まさに、父の日の贈り物に相応しいですね。


ただ、白いお花は、亡くなった方へのお花というイメージを

持つ方もいらっしゃる為、
赤いバラを贈る方もいるようです。








b3501日本では、「日本ファーザーズデイ委員会」が

テーマカラーを黄色として推進活動を行った為、

お花も、黄色のバラやヒマワリが
支持されているようです。


黄色をテーマカラーとしたのは、英国では古来より、
黄色は身を守る色、愛する人の無事を願う色
という意味合いがあるためだそうです。



日本で、父の日の贈り物用として、花屋に黄色のお花のアレンジメントが  
並ぶのはこのためなんですね。







とはいえ、文化的に特にコレと決まった花はないというのが現状のようです。


今回ご紹介した、由来にちなんだお花もそれぞれの花言葉や、色の意味を
考えると父の日の贈り物に相応しいように思えます。
でも、逆を言えば、決まったお花が無いのだから、
もっと自由に選んでいい、という事ですね!


今年の父の日は、6月16日
さて、皆さんは、どんなお花を贈りますか?






Share |

スズランの日

花のマメ知識

【ご存知ですか?スズランの日】


早いもので、4月ももうすぐ終わり、あと1週間もしないで5月ですね。      
5月1日はメーデーとして有名ですが、実は「スズランの日」でもあるのです。



OLYMPUS DIGITAL CAMERA
















フランスでは、この日に、春の再来と幸運を祝い、スズランを飾ったり      
友人と贈り合ったりする習慣があります。

スズランをもらった人には、幸運が訪れると言われているのです。


このスズランを贈るという風習がはじまったのは1561年5月1日と言われます。      
幸福をもたらす花として、スズランの花束を受け取ったシャルル9世は      
スズランを大変お気に召し、それから宮廷のご婦人たちに毎年スズランを      
贈ることにした、というのが「スズランの日」の始まりです。


img_suzuran250

すずらんはユリ科スズラン属に属する多年草。

鈴のように咲くためにこの名前がつきました。

君影草(きみかげそう)という別名もあります。


花言葉は「幸福が訪れる」「純潔」「純粋」









フランスでは、スズランの開花が、遅い春の訪れの知らせとされます。

フランス人にとってスズランは、春の象徴であり、日本人にとっての桜のようなものなんですね。     
そんなスズランを贈り合って、周りの方の幸せを願うなんて、素敵な習慣だと思いませんか?


スズランは、この時期にしか楽しめないお花です。

小さく咲く可憐な花形が可愛らしく、爽やかな香りも魅力のスズラン。


今年は是非、ご友人やお世話になっている方、愛する方にスズランを贈ってみてはいかがですか?







Share |

春花で花贈り

花のマメ知識

お花にまつわる色々な事をお届けするこのコナー。

早いもので、3月も終わりに近づき、もうすぐ4月ですね。

本格的な春を迎える、今回のテーマは ”春花で花贈り” をお届けします。


春のお花というと、皆さんはどんなお花を連想されますか?

チューリップやスィートピーはその代表格だと思うのですが

実は、この春のイメージがぴったりのお花たちは、街に新入生や、新社会人があふれる

本格的な春の頃には、出荷が下火になってしまいます。


”季節を感じる事が出来る”というのも、お花の持つ大きな魅力ですから

せっかくの花贈りは、やっぱり季節を感じるお花を選びたいもの。

そして、季節とともに、そのお花を選んだあなたからのメッセージが込められていたら

もっと素敵な花贈りになるのでは?!


そこで、チューリップやスィートピーに変わる、4月に旬を迎えるお花と、そのお花の持つ花言葉を

ご紹介させて頂きます。


img_gerbera.or【ガーベラ】

比較的、通年出荷されているお花ですが、実は、旬は春。

色が豊富で、色によって花言葉が違います。


赤・・・・・・・・燃える神秘の愛、常に前向き、チャレンジ

ピンク・・・・・熱愛、崇高な美、童心にかえる

オレンジ・・・神秘、冒険心、我慢強さ

黄色・・・・・・究極の愛、究極の美、親しみやすい人
白・・・・・・・・希望、律儀




SAMSUNG【マトリカリア】

キク科の一年草。ハーブの仲間、”カモミール”親戚です。

カモミールを、切花用に改良して作られたお花だそうです。


小さなお花なので、このお花だけである程度まとまった

本数を束ねたブーケにしたり、メインのお花に添えても

可愛いです。

ハーブー系の独特の香りが優しく香ります。

花言葉・・・集う喜び、楽しむ、恋路など



img_calla【カラー】

色は、白以外にも、黄色やグリーン、ピンク、ワイン色等ありますが

この時期、綺麗なのは白いカラーです。


カラーの名は、カソリックの尼僧たちがつけるカラー(衿)に

形や色が似ていたことから付けられました。

ギリシャ語では、”美”を意味するそうです。


花言葉・・・愛情、乙女の清らかさ、素敵な美しさ、壮大な美など




以上、4月の花贈りにおすすめのお花を、ご紹介させて頂きましたが

これ以外にも、皆さんよくご存じのバラも、実は春が旬のお花です。

これからバラは、1年で1番綺麗な時期を迎えますので、今日ご紹介のお花と一緒に

大切な方へ、贈られてみてはいかがでしょうか。

贈り物だけでなく、日々の生活を心豊かに過ごすためのアイテムとしても

季節のお花、おすすめです!!
















Share |

【木偏+春で何ていう木?】

花のマメ知識

お花にまつわる色々な事をお届けするこのコーナー。

まだまだ寒さ厳しい毎日ですが、立春を過ぎ暦の上ではもう春。

という訳で、今月のテーマは『木偏+季節の漢字=何の木?』シリーズの第2弾。

【木偏+春で何ていう木?】をお届けしたいと思います。


木 + 春 = ”椿”です。


img_tsubaki300花が少ない冬の間から咲き始め 春遅くまで咲き続けます。
日本原産の常緑樹で、野生種の 標準和名は「ヤブツバキ」

学名を「Camellia japonica」といいます。


常緑でしっかりとした、艶やかな葉を持つ事から

「厚葉樹(あつばき)」や「艶葉樹(つやばき)」と 呼ばれていたのが、訛り

「ツバキ」になったというのが 名前の由来とされています。


日本では、「椿」という漢字をあてていますが、これは”春の喜びを伝える木”という意味の国字です。

万葉の頃から日本人に愛されたツバキは、室町時代には茶花として鑑賞されてきました。

艶のある美しい葉を持つツバキは、花だけでなく、その葉までも鑑賞されたそうです。

小さいながらも、鮮やかな赤や白の花と、黄色い花粉の色調が日本らしく、

着物の柄などにも 使われてきました。

しかし、そんな美しい花として、古来より人々に親しまれてきたツバキですが、

散る時に花が 丸ごと落ちる事から、それが首が落ちる事を連想させるために、

入院中のお見舞いに持って行く事は タブーとされています。


原産地である日本から、イギリスに渡ったのは18世紀。

冬でも常緑で、日陰でも花を咲かせる性質が好まれ、たちまちベルギー、フランスなどに広がりました。

18世紀末から19世紀前半にかけて、ヨーロッパ全土にツバキ熱が広まり、ヨーロッパの美意識に基づいた、

豪華な花をつける品種が作られました。

また、そんな流行を記念するかのように、1848年、後に歌劇にもなった「椿姫」が出版されたそうです。

花言葉は「誇り」「ひかえめな美点」


以上、春の喜びを伝える木、”椿”を簡単にご紹介させて頂きましたがいかがでしたでしょうか。

この『木偏+季節の漢字=何の木?』はシリーズで、その季節にお届けする予定です。

また次回を楽しみにしていて下さい。

Share |

チューリップ

花のマメ知識

お花にまつわる色々な事をお届けするこのコーナー。

まだまだ寒さ厳しい毎日ですが、そろそろ春のお花が出始めています。


というわけで、、、


今回のテーマは「チューリップ」


lip300まさに、春のお花の代表格です。

春の優しい日差しの中、花壇で元気に咲いている

イメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。


そんな春のお花、チューリップの持つ、

意外な 歴史の1つをご紹介させて頂きます。





チューリップというと、オランダの風車とともに映っているチューリップ畑が、

あまりに有名なので 原産国もオランダとお思いの方も多いと思いますが、原産国はトルコです。

トルコからオランダに渡ったのは16世紀。

当時、オランダを中心にヨーロッパの上流階級で異常な人気が出て、チューリップの球根が

とんでもない高値で取引されたそうです。

珍しい球根が、ビール工場と交換されたという逸話も残っている程です。

チューリップが投機の対象となり、巨万の富を得る者もいれば、倒産する者も続出するなど

異常な過熱ぶりだったそうです。

しかし、市場の崩壊により、あっという間に鎮静されました。

1634年~1637年という、たった4年の短い期間に起ったこの出来事を

「チューリップ狂時代」といい、現在でも歴史の1ページとして語り継がれています。

あの、可愛らしい、純真無垢なイメージのお花に、こんな歴史があったのは驚きですね。

現在でも、チューリップは外貨獲得の為の主力輸出品として活用され

古くより経済に影響を与える 重要なお花なのです。


ちなみに、チューリップが日本にやってきたのは江戸時代末期。

本格的に生産が始まったのは、大正8年、新潟県とされています。

現在でも、新潟県での生産は盛んで、全国第2位の生産量を誇ります。

第1位は、富山県です。 チューリップは、富山県と新潟県の県花でもあります。


チューリップの持つ歴史を少しだけご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。

切花の出荷の最盛期は、今頃から3月くらいまでです。

お好きな方は、この期間に是非お部屋に飾って楽しんで下さいね。

Share |

”木偏”に”冬”でなんていう木?

花のマメ知識

花にまつわる色々な事をお届けするこのコーナー。

本格的な冬を迎えた、今月のテーマは

『 ”木偏” に ”冬” でなんていう木? 』をお届けしたいと思います。


木偏に冬で 『柊』

これを”ヒイラギ”と読むのはご存じの方も多いと思います。


では、この柊がどんな木かといいますと、、、


こちらが、柊の葉です。

画像のように、トゲ状の葉をつける 木犀科の常緑小高木です。

11月~12月中旬ころに、葉の付け根の ところに、

良い香りの小さな 白い花を付けます。


名前の由来は、柊の葉のトゲに触れると

ヒリヒリ痛む事から 「ヒリヒリ痛む」という意味の古語、

「ひひらく」に由来します。


古くから、その鋭いトゲによって邪気を払う木とされ

庭に植える習慣があったそうです。

また、鬼が目を突かれて退去したという伝説から、

2月の節分には その葉っぱのトゲで鬼を追い払うという意味で、

柊の枝葉を戸口に立てて 飾るという習慣が現在も残っています。


花言葉は「先見の明」

常緑という事から、一年を通して丈夫である、苦境に強いというイメージと合わせて ”柊”という漢字を、

お子様の名前に使う方も多いようです。

そういえば、「Do As Infinity」さんの楽曲の中に、”柊”という曲がありますね。

歌詞の中に、「冬を耐え抜いていく強さが欲しいよ」という一節があります。

やはり、柊は、そういった強さを持った木というイメージなのかもしれません。


12月24日の誕生花でもある柊ですが、クリスマスの飾りによく使われるのは この柊ではなく、

「柊黐(ヒラギモチ)」のほうで、こちらは黐の木科の植物です。


寒くなってから花を付ける、まさに”冬の木”、柊を簡単にご紹介させて頂きましたが いかがでしたでしょうか。

この「木偏+季節の漢字」はシリーズで、その季節にお届けする予定です。

また次回を楽しみにしていて下さい。

Share |

炭づつみ・後編

花のマメ知識

お花にまつわる色々な事をお届けする、このコーナー。

今回は、前回お届けしたインドアグーリーン用に開発された培土『炭づつみ』の後編。

炭づつみの魅力、その2、その3をお届け致します!!


前回お届けした、魅力その1は、”簡単”でした。

お読み頂いて、何となく、簡単に育てられそうだな、とは思って頂けたのではないでしょか。

でも、それが何で ”インドア用なの??”と感じた方もいらっしゃったかもしれません。

そんな方に是非お伝えしたい、炭づつみの魅力その2は ”清潔” です。


お部屋の中で植物を育てる上で、清潔というのは本当に嬉しい要素の1つ。

製造過程で高温焼成しているから無菌というだけではない効果が数値で現れています。


1・科学物質吸着効果

炭から出来ているため、シックハウス症候群の原因とされている ホルムアルデヒドなどの化学物質を吸着する効果があります。   ペットやタバコのにおいにも消臭効果を発揮するそうです!!










2・お部屋にいながら森林浴?

同じ種類の植物を植えた場合、

マイナスイオンの発生量が 増加します。











炭づつみの魅力その3 ”エコ”


1・環境に優しいエコ商品 炭づつみは国産のスギやヒノキなどの間伐材から

家具などの製品を作る時にでる端財やおがくずを 原料としています。

通常ならば廃棄される森林資源を再びグリーンの生育のために有効活用するエコ培土です。


2・CO2の固定 CO2を炭素の状態で固定する事で空気中への放出を防ぎます。


3・天然素材100% 有害な化学薬品を一切使用していません。


環境だけでなく人にも優しい培土です。

 














ご紹介させて頂いた ”炭づつみの魅力” はいかがでしたでしょうか?

簡単で清潔なだけでも嬉しいのに、その上、地球にも優しいなんて とっても魅力的な培土だと思いませんか??

この魅力たっぷりの”炭づつみ”の存在を知って、 何か育ててみようかなと思って頂けたら嬉しいです。

フローリィネットで展開しているフラワーショップ ”プレジュール”の1部店舗では炭づつみを使った 商品を販売中です。

お近くにお越しの際は、是非、気軽にお立ち寄り頂き、炭づつみに触れてみて下さい!!


Share |

Copyright(C) LINK FLORIST CO.,ltd. All Rights Reserved